WiFiSnap NetVision

トップページ > WiFiSnap for ZERO3 > WiFiSnapの準備
WiFiSnapの準備


3.WiFiSnapを起動する

インストールが完了すると、プログラムのメニューに[WiFiSnap-ルータ]、[WiFiSnap-WiFi]の2つのアイコンが追加されます。
ルータ機能は、[WiFiSnap-WiFi]の接続先一覧画面で、[メニュー]から[ルータ]を選ぶか、システムのプログラム一覧で[WiFiSnap-ルータ]のアイコンを選択してください。




アクティベーションを行っていない状態では、起動時に以下のようなメッセージが表示されます。
[お試しを続ける]を選んで頂くと、期限内は機能制限なしでご利用できます。 期限が過ぎると、[お試しを続ける]を選んでも、ルータ化の機能とWiFiSnapからのネットワーク接続が制限されます。
シリアルIDをご購入の上、アクティベーションを行っていただくと、無期限にWiFiSnapをご利用いただけます。アクティベーションの詳しい手順は4.WiFiSnapを正式版にするをご覧ください。




WiFiSnap-ルータを選んで頂くと、以下のようなメニューが表示されます。
初期状態では、データ暗号化をしないように設定されています。[データ暗号化]は[WEP]を選択することをお勧めします。その場合、[ネットワークキー/パスワード]に任意の文字列(半角英数字5文字か13文字)を入力してください。
その上で、[►Start]を押して頂ければ、無線LANルータとして動作します。
ネットワークキー/パスワードは、間違いのないように接続相手の機器への入力してください。Ad Hocモードでは、ネットワークキー/パスワードを誤って入力しても、その旨のエラーは表示されません。
うまくデータが流れる状態になると、接続相手の装置名(ネットワーク上の名称)が、表示されます。




WiFiSnap-WiFiのメインメニューには、システムの無線LANの定義等を自動的に取り込んであります。このメニューで接続、切り替え等が可能です。
このメニューから、WiFiSnapを停止するには、右ソフトキーの[メニュー]で[終了]を選んでください。
([閉じる]や[x]を選んでも、画面の表示が消えるのみで裏で動作しています。)




<前へ(2.WiFiSnapをインストールする) 次へ(4.WiFiSnapを正式版にする)>




1.WiFiSnapをダウンロードする
2.WiFiSnapをインストールする
3.WiFiSnapを起動する
4.WiFiSnapを正式版にする



BACK


Copyright© 2009 NetVision Co.,Ltd. All Rights Reserved.